ご挨拶

企業データの柔軟な統合と、全組織レベルでの正確なデータを基にした迅速な意思決定は、企業競争力を決定する重要な要因となっています。

株式会社ダイナトレックは、1980年代から積み重ねてきた官公庁でのデータ統合・活用ノウハウを、データ統合活用ツール「DynaTrek」に結集し、日本発の仮想データベース製品として事業を展開しております。

「DynaTrek」は、地方銀行をはじめとした金融機関や、電力会社、通信会社、そして官公庁などで、高い信頼性を担保しつつ、柔軟かつ大規模な情報系システムを構築するツールとしてご活用を頂いております。

当社はこれからも「DynaTrek」を用いて、お客様の情報システムをより柔軟に、そして使いやすくする、新たなソリューションをご提案して参ります。

株式会社ダイナトレック
代表取締役 佐伯譲二


会社概要

株式会社ダイナトレック

設立年月日:平成11年12月24日
払込資本金:3000万円

本店所在地
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー9F
TEL:03-3539-1561 FAX:03-3539-1562

・コンピュータ・ソフトウェアの研究開発、販売、並びに保守
・コンピュータシステム及び通信ネットワークに関するコンサルティング、教育研修並びに情報提供
・その他付帯する一切の事業

取得認証
ISO27001/ ISMS
当社の情報セキュリティ基本方針について

取引銀行
三菱東京UFJ銀行/京橋支店
みずほ銀行/浜松町支店
三井住友銀行/銀座支店

会社沿革

1984年 創業

(株)インフォメックスを東京都千代田区に設立。ボストン・コンサルティンググループ、プライス・ウォーターハウスなどと連携し、官公庁を中心としたシステム・コンサルティング業務を展開。

1991年

通商産業省貿易局・貿易保険課における業務システムを開発

通商産業省貿易局・貿易保険課(現(株)日本貿易保険)において貿易・投資リスクのリアルタイム分析システムを開発。功績が認められ、外部ベンダとしては異例となる、通商産業事務次官からの表彰を授与。

1999年

株式会社ダイナトレックを設立し、DynaTrekの正式販売を開始

リアルタイム・データ統合検索ツールDynaTrekの商品化に成功、同ソフトウェアの販売・サポートを行う(株)ダイナトレックを設立。データ統合技術において日本国特許を取得。

2004年

米国法人設立、米国特許取得

”JETRO US-JAPAN Business Innovation Center”(米国カリフォルニア州)に米国法人DynaTrek Inc.を設立する。

2007年

本社移転

本社を帝国ホテルタワー(東京都千代田区内幸町一丁目一番一号)へ移転、現在に至る。


2010年 

KDDI株式会社様にDynaTrekを導入。コールセンターにおけるデータ分析基盤を提供

KDDI株式会社様において、コールセンターの情報活用基盤を一本化するデータ分析基盤を構築。検索レスポンスの向上とシステム運用負荷の軽減、およびサーバーの運用コストの削減を行う。

2012年

常陽銀行様にDynaTrekを導入、分散した情報系システム群の仮想データベースによる統合ソリューションを実現

常陽銀行様において、DynaTrekを用いた営業及び収益情報を横断的に分析可能な情報基盤を構築。MCIF、CRM、収益管理等の分散したサブシステム群を仮想データベースで統合するソリューションを実現。

2013年

横浜銀行様にDynaTrekを導入、本部・全営業店が活用する「営業マネジメントシステム」を構築

横浜銀行様において、個人顧客向け営業活動の目標・実績を指標管理する「営業マネジメントシステム」を構築し、本部及び営業店に展開。中期経営計画をはじめとした経営戦略や、営業戦略に沿った計数情報を、柔軟に全営業店と共有し、各営業店で独自に顧客分析を行う情報基盤を構築。

2014年

常陽銀行様で約3,800名の行員が活用する情報プラットフォームを構築

常陽銀行様において2012年に構築した仮想データベースを、全営業店からの参照が可能となる様、システム拡張を実施。更に、融資支援システムも追加接続することにより、本部、全営業店で活用する統合的な情報基盤を実現。